スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメ 目に優しいIPSパネル式モニター・ディスプレイまとめ情報一覧 

高価で数少なかったIPSパネルモニターも最近はだいぶ増えてきました。
IPS式パネルモニターの長所は大きく言うと2つあります。
視野角が広い
色度変移が少ない
視野角の広さは最近のワイド液晶においては、液晶の端を見る時に目への負担として
日々関わってきます。また色度変移は映像のムラとして目への負担となります。
IPSパネルはこの2つに優れているため目にやさしいモニターであると言えるでしょう。
しかし、応答速度やコントラスト比が高くないことは短所でした。
最近はこの短所をカバーするモニターも増えてきました。

それらの多くのIPSモニターのなかでも管理人がこれは「良い」と言うより
「欲しい!」と思っているオススメIPSパネルモニターディスプレイをまとめました。
まず、それぞれのIPSの大枠のタイプを下記の3つ(A、B、C)に分けてあります。
A: 動画やゲームへのこだわり。
B: 静止画や映像へのこだわり。
C: 安さ・低価格へのこだわり。
そのうえで各IPSパネルモニターの大まかな特徴と売りを()内に整理しました。

21.5型
C① LG IPS226V-PN (ノングレア・ホワイトLEDバックライト)
C② Dell デジタルハイエンドシリーズ U2211H(ノングレア)


23型
AC① 三菱電機 RDT232WX(BK)(ノングレア・応答3.8ms・ギガクリアエンジン)
AC② 三菱電機 RDT232WX-S(BK)(グレア・応答3.8ms・ギガクリアエンジン)
BC③ NEC(日本電気) LCD-EA232WMI-BK
   NEC(日本電気) LCD-EA232WMI(白)(ノングレア・白色LEDバックライト)
AB④ 三菱電機 MDT231WG(ノングレア・白色LED・120Hz・倍速補完・応答5ms)
C⑤ LG IPS236V-PN(ノングレア・ホワイトLEDバックライト)



24-24.1型
B① 三菱電機 RDT241WEX(BK)(ノングレア・WUXGA・輝度70cd/m²から調整可)
B② 三菱電機 RDT241WH(BK)(ノングレア・WUXGA・Adobe RGB比約107%)
B③ NANAO FlexScan SX2462W-HXBK(ノングレア・WUXGA・FlexStand)
B④ NEC LCD2490WUXI2-BK
   NEC LCD2490WUXI2(白)(WUXGA・sRGB比104.8%・キャリブレーション)



25型以上
B① NEC MultiSync 25.5型LCD2690WUXi2-BK(WUXGA・Adobe® RGB比107%・
キャリブレーション・ムラ補正)
BC② Dell U2711(解像度2560×1440(WQHD)・10億7,000万色)
→ Dell 24-30インチモニタ
続きを読む
スポンサーサイト

オススメ TOP10 モニター・ディスプレイ 

数多くのモニターを紹介してきた管理人の経験に基づく
現在のオススメモニター厳選TOP10
続きを読む

覚書 TN、VA、IPS の違いについて――視野角の良しあし 

液晶モニタは名前の通り、液晶分子を用いて作られている。

映像はモニタのバックライトを液晶分子が邪魔をすることで

前面に映る光の量の調整を行い画面に表示する。

その調整の仕方(邪魔の仕方)によってパネルはTN・VA・IPSに分かれる。

それぞれの違いは液晶分子の配置のされ方と光の量の調整の仕方。

・TNは水平から垂直、ただしねじれている。  
(分子が邪魔をしない状態から電圧をかけて徐々に邪魔をさせる状態)
・VAは垂直に立たせた分子を水平に寝かせる。 
(分子が邪魔をした状態から電圧をかけて徐々に邪魔をしない状態)
・IPSは水平に寝かせた分子の向きを変える。
(分子が邪魔をした状態から徐々に電圧をかけて邪魔をしない状態)

・視野角について

TN :×;分子の傾く角度による光の量の調整
VA :×;分子の傾く角度による光の量の調整
IPS:○;角度ではなく、分子の向きによって光の量を調整

 邪魔をする分子を傾かせて光の量を調整するTNとVAは
その傾きがモニタを見る人の角度に応じた光の量の変化をもたらし、
結果として色と輝度のバラつきが生じて視野角が悪くなる。
 一方で、水平にならんだ分子の向きを変えるだけのIPSは
角度が一定のため見る人の角度に左右されず一定の光量を可能にし
結果として色と輝度のバラつきが生じず、視野角が良くなる。

初心者から違いを知るモニター・ディスプレイ限定特価情報 

最新モニター激安特価情報は、トップページへ

PC本体は買ったが、
まだモニターを買っていない。


そんな人のために、同じく初心者からスタートした管理人が

モニターと特価情報を提供します。

ではまず、モニターの最大の違いをどこで見分けるのか。

解像度?コントラスト比?入力端子?正直、見るところが色々あってよくわからないですよね(^^;

初心者だった管理人も細かいスペックの違いがさっぱり分かりませんでした。

細かいところは置いておいて、どこで価格に差が出るのかという大きな違い

見極めることが大切です。ではもっとも違いがでるのはなにか。それは

パネルです!

モニターの価格差を規定する1番のポイントはパネルです。パネルには3種類あります。

TNパネル、②VAパネル、③IPSパネル

管理人は今まで色々と調べてきましたが、正直言ってどれが絶対的に良いというものは

ありません。つまり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

TNパネル
視野角   :×
応答速度  :○(オーバードライブ機能搭載で◎)
コントラスト:△
画質    :△
価格    :◎

VAパネル
視野角   :×
応答速度  :△(オーバードライブ機能搭載で○)
コントラスト:◎
画質    :○
価格    :△

IPSパネル
視野角   :◎
応答速度  :×(オーバードライブ機能搭載で△から○)
コントラスト:△
画質    :◎
価格    :×

主な参考リンク
① ITmediaさんの記事
② パソコン工房 モニタの選び方
icon

このように、それぞれに一長一短があり一概にどれが良いモニターとは
言えません。なんだ言えないのかと、思われたかもしれませんが、
一概に言えないということは、つまり用途によってどれを選ぶべきかが
変わる
ということです。

基本的な用途の分かれ目は動画用か静止画用かの違いです!

つまり、ゲームや映画鑑賞などの動画なら応答速度の速いTNパネル。
静止画なら、コントラストや画質の優れたVA・IPSパネル。


これが基本です。

お金をかけるならPC本体ではなくモニタと言う人もいます。VAやIPSは高いのですが、

確かに画質が良かったり、輝度を調整できたりするハイエンドモニタが多く、

長期的な目への投資と考えればVAやIPS購入がおススメです。

そして最近では、オーバードライブ機能によって応答速度を高めることのできる

VAやIPSも出てきました。しかしむろん高価格です。

モニタ選びの基本は、「動画はTN、静止画はVA・IPS」です。

あとは予算との相談で、個々のモニタの特徴をチェックして決めるのが

モニタ選びのコツだと管理人は思います。

ということでモニタ選びの基本は
「動画はTN、静止画はVA・IPS」
これを頭に入れてモニタを探してみてください!

なおモニタ販売サイトをお探しの方は、
モニター販売ページ厳選リンク集が便利です。

またこのブログは随時、価格.comなどの
価格比較サイトの最安値を下回るモニターの
激安情報を更新しているので購入予定の方は
そちらもぜひチェックしてみてください 

→ モニター特価情報を随時更新・TOPページへ


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。