スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚書 TN、VA、IPS の違いについて――視野角の良しあし 

液晶モニタは名前の通り、液晶分子を用いて作られている。

映像はモニタのバックライトを液晶分子が邪魔をすることで

前面に映る光の量の調整を行い画面に表示する。

その調整の仕方(邪魔の仕方)によってパネルはTN・VA・IPSに分かれる。

それぞれの違いは液晶分子の配置のされ方と光の量の調整の仕方。

・TNは水平から垂直、ただしねじれている。  
(分子が邪魔をしない状態から電圧をかけて徐々に邪魔をさせる状態)
・VAは垂直に立たせた分子を水平に寝かせる。 
(分子が邪魔をした状態から電圧をかけて徐々に邪魔をしない状態)
・IPSは水平に寝かせた分子の向きを変える。
(分子が邪魔をした状態から徐々に電圧をかけて邪魔をしない状態)

・視野角について

TN :×;分子の傾く角度による光の量の調整
VA :×;分子の傾く角度による光の量の調整
IPS:○;角度ではなく、分子の向きによって光の量を調整

 邪魔をする分子を傾かせて光の量を調整するTNとVAは
その傾きがモニタを見る人の角度に応じた光の量の変化をもたらし、
結果として色と輝度のバラつきが生じて視野角が悪くなる。
 一方で、水平にならんだ分子の向きを変えるだけのIPSは
角度が一定のため見る人の角度に左右されず一定の光量を可能にし
結果として色と輝度のバラつきが生じず、視野角が良くなる。
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。